キャバクラの種類

「ニュークラブ」と「キャバクラ」が違いや特徴を比較してみた

キャバクラの求人とかを調べてると、多分「ニュークラブ」っていう言葉にも出会うはずです。「キャバクラとニュークラブってどう違うの?」って疑問に思っちゃいますよね。

そんな女の子のために、ここではニュークラブの特徴やキャバクラとの違いを徹底解説しちゃいます!

ニュークラブの特徴


キャバクラとニュークラブの違いは、正直説明が難しいんですよね。定義がハッキリとしていないからです。ざっくりと説明しちゃうと、キャバクラの高級バージョンがニュークラブって感じかな。

システム的にはキャバクラとほぼ同じ。でも料金設定や雰囲気などは高級クラブに近いです。

一番の特徴は、そのゴージャス感!ニュークラブって名乗ってるお店は、ほとんどが高級店なんですよ。内装にもこだわっていてキラキラした感じで、高級感にあふれてます。

客層が良いのもニュークラブの特徴です。企業の会長さんや社長さんなんかも多くて、IT系とか投資家とか実業家みたいな人たちもたくさん遊びに来ます。いわゆる成功者ですね。年齢層も高めかな。

こういうお客さんってマナーがちゃんとしていて紳士的だから、接客がすごくラク!わがままなお客さんはかなり少ないですよ。たくさんお金も使ってくれるから、売上も上がりやすいっていうメリットもあります。

ニュークラブとキャバクラの違い


ゴージャス感や客層以外にもニュークラブとキャバクラの違いがあるので、そこももうちょっと解説してみますね。

時給が高い!

お給料のシステム的にはキャバクラとそこまで違いはないんだけど、時給の金額はニュークラブの方が高いですね。中洲にあるニュークラブだと時給5,000円とか6,000円とか当たり前ですから。

キャバクラだと4,000円前後が相場なので、平均時給は1,000〜2,000円くらい高いことになります。時給でこの金額差は大きいですよね。

客単価とか料金設定も高めだから、同伴バックや指名バックも一般的なキャバクラよりもたくさん受け取れます。
つまり、ニュークラブは稼げるってことです!

働く女性もハイレベル!


高級店には、それなりにお金を持ったお客さんが遊びに来ます。そんなお客さんを満足させるには、レベルの高い女性が接客しないといけません。

なので、ニュークラブで働く女性たちは容姿も接客術もすごくハイレベルなんです!

一般的なキャバクラよりも綺麗な女性が多いのは間違いないですね。話題も豊富だったり、ドレスも良いものを身につけてたりします。

自分のレベルを確認したり、女性としてのレベルを上げたいって考えてる女の子は、ニュークラブで働く価値がありますよ。

ノルマが厳しいかも?

ニュークラブは上質なサービスを提供しないといけないので、キャバ嬢に対するノルマとかルールとかが厳しいお店が結構あります。

仕事中に着るドレスに制限があったり、出勤日数などシフトのノルマがあったりとかもしますね。

全店舗のニュークラブにノルマがあるわけじゃないけど、キャバクラより時給が高いぶん、ちゃんとした働き方が求められるって思った方がいいかもしれません。

まとめ

ニュークラブとキャバクラの違いはハッキリとした定義があるわけではありません。ざっくりというと、ニュークラブはキャバクラの高級バージョンです。

料金設定も高くて、遊びに来るお客さんも企業のトップや成功した実業家などお金を持った人が多くなってます。接客のしやすさや売上の上げやすさが魅力ですね。店内も広くて豪華な店舗がほとんどですよ。

ニュークラブの時給は普通のキャバクラよりも高くて、中洲だと5,000〜6,000円くらいは当たり前にもらえます。

そのぶん働く女性のレベルも高くて、お店によってはキャバクラよりもちょっと厳しいルールやノルマが設定されてますね。

自分を磨いてレベルを上げたいって考えてるなら、ニュークラブでのバイトはオススメですよ!