尊敬するキャバ嬢

有名キャバ嬢「桃華絵里」さんの魅力とすごさについて語ってみた!

キャバ嬢として有名になって実業家としても成功している女性の中でも、「桃華絵里」さんはちょっと異色ですね。どんなふうに異色なのか、この人のことを少し掘り下げてみます。

「東京のキャバクラで働かないと有名にはなれないんでしょ?」なんて思ってる女の子に、夢と希望を与えてくれるかもしれません。

キャバ嬢「桃華絵里」さんってどんなひと?

引用:https://beauty.beaute.tokyo.jp/

キャバクラ嬢が有名になるきっかけは、お店でNo.1になって、ギャル系雑誌「小悪魔ageha」のモデルになるっていう流れが王道ですよね。桃華絵里さんも、そんな感じで有名になった女性の1人です。

他のキャバ嬢と違ったのは、静岡のキャバクラで働いてたこと!そのまま2008年の4月に引退するまで、結局静岡のお店で働いてたみたいです。なので、歌舞伎町No.1!みたいな目立った実績はないんですよね。

静岡のキャバクラではNo.1になったみたいですけどね。

ただ、小悪魔agehaの専属モデルとしては有名で人気もあったので、その勢いで2007年に「エモリー」っていうブランドを立ち上げて、社長さんになってます。

その2年後には、地元の静岡県内に海の家をオープン!キャバ嬢引退後もその知名度を生かして、いろんな事業を展開しています。

ただ、自分で作ったエモリーは2018年に辞めていて、今はもう関わっていないそう。会社って大きくなると、自分ではコントロールできなくなることもあって、桃華さんもそういう感じで辞めちゃったみたいですよ。

でも、2018年の年末には「Mocoa’s」っていうアパレルショッピングサイトを立ち上げて、新事業を展開!また自分のやりたいことを追求しつつ実業家として活躍中です!

ちなみに桃華さんはシングルマザーで、男の子を育ててます。テレビやWEB媒体でも活躍してるので、今後も楽しみですね!

桃華絵里さんのキャバ嬢としての魅力とすごさ


桃華絵里さんのキャバクラ嬢としてのプライドは、絶対に地元を離れなかったことですね。小悪魔agehaの専属モデルになって有名になったのに、ずっと地元の静岡のお店で働いてましたから。

人気が出ても自分を曲げたりお世話になった場所を離れたりしないところはすごいし、シンプルに人として魅力的です。

モデルとして、自分で作った会社の社長として、キャバクラ嬢でありながらいくつもの職業をこなしていたのも桃華さんのすごいところ。バイタリティーがないと、普通はこんなことはできません。

キャバ嬢の時に意識してたのは、「自分が楽しむこと!」だったらしいです。

お金を使わせようって考えるとお客さんが帰っちゃうことが多かったらしくて、自分が楽しいって思えるような雰囲気にすると延長してくれたり高いお酒を入れてくれたりした経験がたくさんあったそうですよ。

こういうことに気づいて、ちゃんと接客で実践できるっていう部分は桃華さんの才能なのかもしれません。

桃華絵里さんから学べること


新人キャバクラ嬢の女の子にとって桃華絵里さんから学べることは、まずは大事なものをハッキリとさせることですね。

桃華さんの場合は地元!ここにこだわってキャバ嬢を続けてて、それが結果的に今の桃華さんを作ってるような気がします。

九州から出る必要はありませんよ。九州エリアでも人気のキャバ嬢になることはできるし、いろんなことにチャレンジすることだってできるんです!

このチャレンジ精神も見習いましょう!桃華さんはキャバ嬢をやりながらモデルや会社経営もしてました。できると思ったことや興味を持ったことはどんどんやってみるっていうのも成功の秘訣かもしれません。

あとは、自分自身が楽しむことですね!お客さんにも自分の感情って伝わるものなんです。桃華さんはそれに気づいて自分自身が楽しんで盛り上がることを意識したみたいですけど、これは本当に大切なことですよ。

キャバ嬢として接客するようになったら、ぜひ心がけてみてください。

まとめ

静岡のキャバクラで働き始めて、雑誌のモデルになって有名になった後も静岡のお店で働き続けた桃華絵里さん。

キャバ嬢をやりながら自分でプロデュースしたアパレルの会社を立ち上げるなど、いろんなことに挑戦していました。

引退後しばらくして自分の会社を辞めてしまったものの、すぐに新しいアパレル系のサイトを立ち上げて、新たな挑戦をしています。

自分が楽しめるような接客を心がけることで人気と売上を上げていった桃華さんは、キャバ嬢の接客で一番大事なことを教えてくれてるような気がしますね。

新人キャバ嬢さんは参考にしながら、九州エリアのキャバクラで第2の桃華絵里さんを目指して頑張ってみましょう!